spacer

敷き布団オーダーメイド

布団情報なら任せてください。

敷き布団の買い替え時

最近はベッドで寝る人が多いので、敷き布団自体はあまり重視されていないかもしれません。しかし組み立て式のベッドなどでは、ベッドの上に普通の布団を敷き、掛け布団をかける人も少なくありません。そこで最近は、敷き布団自身が、マットレスの役割をする商品が増えたように思います。今のようにベッドが普及していなかった時代には、布団の下に敷くマットレスが流行したものですが、二枚敷く手間を省いたものでしょう。そのためマットレスの役割を果たすような布団を買うと、つい長く使いたくなるものです。実は私もそうした製品を使っているのですが、最近どうも真ん中が沈んできたように感じます。裏返したり、上下を反対にしたりしても、しばらくしか持ちません。先日偶然、布団店の方に聞いたのですが、敷き布団も数年くらいが寿命だということです。どうしても形がゆがんでくるからです。こうしてみると、昔の人の布団の打ち直しというのは、とても合理的だったとつくづく思います。一つの製品を大事に長く使う知恵は、究極のエコだからです。

低反発の敷き布団はどんな感じ?

低反発の敷き布団はなかなか人気のある商品になっているのではないでしょうか。この低反発はウレタン素材の一つという特徴があります。そして、基本の変化によって、硬さも変化する事もあるので気を付けなければなりません。この低反発の場合ですとその値段によって効果が顕著に違って来る場合もあるので気を付けなければならないでしょう。例えば良い物を使っていない場合ですと、どうしても耐久性に少し不安が出て来るかもしれません。他にもダニにも気を付けなければならないでしょう。後は洗濯したい時は、クリーニングに出せる物もあるのですが、出せないという物もあるので、購入する時にはちゃんとチェックをしなければならないでしょう。高価な物もありますし、同時に、凄く値段が低い物まで、本当にピンからキリまであるというのが特徴ではないでしょうか。

ウレタンの敷き布団はどんな物でしょう

敷き布団でも色々な素材が使われています。例えばウレタンを使っている物があるのですけれども、この素材の特徴としては、表面のでこぼこではないでしょうか。これはどんな効果があるのかと言うと、体圧分散に非常に優れているのです。これがとても大きなメリットではないでしょうか。ただ、通気性という部分が少し弱点になっているかもしれません。他にも水分を吸ってくれないので、どうしても、蒸れてしまう可能性が高くなるのではないでしょうか。中には、切り込みを入れたりして、通気性を良くしている物もあります。だけれども、天然素材の方が通気性などには優れているのではないでしょうか。値段的には高価な物もあれば、かなり安価な物まであります。基本的に、高額な物ならば耐久性も優れていると言っても良いのではないでしょうか。好みによってこのウレタンの敷き布団を選ぶのも良いでしょう。

敷き布団オーダーメイド is proudly powered by WordPress. SimpleBeaty theme by Gargron